ブックオフで買ってきた100円の本を、ブックオフではない場所で売れば1000円になることがあります。

こういった、差額を出すことで儲けることを俗にせどり、それを行う人をせどらーと呼びます。

せどりをする人達は特別な場所ではなく、誰もが日ごろ使っている、誰でも入れるありふれた場所で、自分たちが売る商材を購入してきます。

ブックオフもその一つです。入場に許可が必要なわけでもコネが必要なわけでもありません。

他にも、ヤマダ電機やビックカメラといった家電量販店、ドラックストア、イオンなどの郊外の大型スーパーでもせどらーは商材を手に入れています。

それを一般の人に売るとして、ではそれを販売する店舗どこなのでしょうか?

複数ありますが、一つに人気が集中しているようです。

販売場所はネット上。店舗としてはamazonです。

個人がネットで物品を販売できるのは他に、ヤフオクやメルカリ、ラクマ、paypayフリマとあります。その中で多くのせどらーがamazonを選んでいるのは、
amazonnの

・販売力
・サービス

にあります。

商材を販売するときには、その店舗にお客さんができるだけ多く来てくれればそれだけ、販売チャンスが多くなります。

amazonはネット上のほかの販路に比べて、圧倒的に集客力があることから、非常に強い販売力を持っています。

つまり、よく売れます。

次に、amazonが商材を管理体制するサービスを充実させている点が挙げられます。

せどらーが買ってくる商材の数は、ブックオフの本でいえば1回で100を優に超えます。そうすると、大量の本を置いておく場所を確保しなければなりません。

また、100冊もの本を梱包して発送して、となりますと多大な労力を使うものです。

amazonではその部分を、FBAという有料サービスで代替できるのです。FBAを使うと、amazonが自社の倉庫で商材を保管してくれます。また、梱包と発送も行ってくれます。配送料も、FBAを使用しなければ自己負担ですが、FBAを利用すると2000円以上は無料にしてくれるのです。

せどらーにとって良いことが多いFBAというサービスですが、有料であるので、料金内容をよく理解しておかないと損をしてしまうこともあります。

商材を倉庫に預けておくことができますが、倉庫保管手数料がかかります。これはただ預けるときにだけ払うのではなく、納品した日から商材が売れた日までの分が日割りでかかります。

また倉庫保管手数料は商材の大きさによっても変化するものです。

なかなか売れずに保管が長期になれば、長期保管手数料がかかってくるのです。
まとめ せどりの転売先としては、販売力とサービスの面からamazonが圧倒的に優れていて、選ばれている。ただし、FBAの料金体系を理解した上で使用しなければ、損益も出してしまうので注意が必要である。