今話題の副業WORK RELEASE[株式会社CUBE/小川亮]について

実際に活用できる貴重な情報を提供してもらえる株式会社CUBE(代表小川亮)のWORK RELEASEのメリット

株式会社CUBE(代表小川亮)のWORK RELEASEは実際に活用できる貴重なノウハウとなります。主にインターネット上で売買され、ネットを活用したビジネス等のお金儲けに関するものということです。
こうしたノウハウやハウツー的な情報を文章化して販売されているものに、ノウハウ本があります。このノウハウ本と株式会社CUBE(代表小川亮)のWORK RELEASEの違いを考え、その中で株式会社CUBE(代表小川亮)のWORK RELEASEの特徴やメリットを明確にしたいと思います。

1.ノウハウ本は多くの人に販売するのが前提に対し、株式会社CUBE(代表小川亮)のWORK RELEASEはごく少数に提供が前提
ノウハウ本は、著者が記事を書き、それを出版社が書籍として編集し、印刷会社が印刷して本の体裁に完成し、本屋の店頭に並べて販売されます。この様に多くの人が関わり、多くの経費を注ぎ込んで作られます。従って、数千冊・数万冊と言った販売数が確保できなければビジネスとして成り立たないのです。
それに対して、株式会社CUBE(代表小川亮)のWORK RELEASEは記事作成者がネット上で直接買いたい人に販売するため、数人と言ったごく少数の人に購入してもらうものと言う違いがあります。

2.株式会社CUBE(代表小川亮)のWORK RELEASEはごく少数への販売前提だから、特化した分野に突っ込んだ情報を開示可能
先に書いた様にノウハウ本は比較的多くの人に購入してもらう事が前提のため、それぞれ関心事が少しづつ異なる人をある程度まとめて読者とする為に、記事のカバー範囲が広くなり、そのために細分化したテーマで考えると、内容が薄く、概括的になってしまいます。また、範囲が広くなれば、著者がすべてを実践したノウハウではなく、一般的に知られているノウハウを記載すると言う傾向が強くなります。
一方で、株式会社CUBE(代表小川亮)のWORK RELEASEはごく限られた人数の人に販売する事が前提のため、ノウハウ本より細分化して絞り込んだノウハウを提供できるので、その細分化したテーマについて深く掘り下げて記載する事が出来るのです。しかも実際に行って成功したノウハウが開示されるため、限られた人にとっては喉から手が出るほど欲しい情報を得る事が出来るのです。

3.サポートのやり取りが可能な株式会社CUBE(代表小川亮)のWORK RELEASE
ノウハウ本に限らず、書籍は筆者から購読者への情報の一方通行で、読んでいる中で疑問点があっても、著者に質問する事はできません。
しかし、株式会社CUBE(代表小川亮)のWORK RELEASEの中には、購入者が疑問に思う点を質問出来たり、バージョンアップの情報が購入者に対して追加配信される等のアフターフォロー付きのものもあります。
これは限られた人数を相手としている事で可能なサービスであり、これも株式会社CUBE(代表小川亮)のWORK RELEASEの持つ大きなメリットと言えます。